MURAMOTOスタッフBlog

エコクィーン    2009-10-22

 

本日から「流気の家」のエコクィーンを塗りに空間工房の皆様が
来られました。ハイエースに乗って来られたのですが、そのハイ
エースの天井にエコクィーンを塗ってあるではないですか!
内張りを取り払い断熱材として「ウールブレス」入れ内張りを元通
りにしエコクィーンを塗ったとの事です。車内はこんな感じ。
conv00071
 
 
 
 
 
 
 
 
アップで見るとこんな感じ
conv0008
 
 
  
こて跡もしっかり
conv0010
 
 
 
タバコの匂いも残らず清涼な空気でいつも呼吸している
とのことでした。
 
 by.磐音
 

 

2009-10-22 Permalink  │  Comments (0)  │  Trackback(0)

 

 

Jパ ネル仕様の家 建方    2009-10-17

 

 


2009101611540012



先日の建方の様子です。いつもお世話になっていますT先生の設計でM建設さんの施工です。T先生にはムラモト商材のJパネルをいつもふんだんに使っていただき本当に感謝しております。M建設さんも慣れたもので着々と現場は進んでいました。写真の下にある山がJパネル(30枚で1B/L)です。屋根に使う分なのでもう少し後になりますが貼り上がりが楽しみです。それとレングスの森尾さん本当に助かりましたありがとうございます。
                                                                                                                                                                                           スタッフSでした。
                                         

 

2009-10-17 Permalink  │  Comments (2)  │  Trackback(0)

 

 

納品また納品…    2009-10-16

 

いやぁ~あっちに納品、こっちに納品…。
忙しい、忙しい。あっ!どうも、すたっふ I です。
本日もウールブレスの納品です。おかげさまでウールブレスが集中
して出荷依頼がきております!
 
200910071118000 ← このように…
 
「あれっ、これ、ウールブレス?」と思った方いるんじゃないですか。
そーですよ、ウールブレスです。 しかも、ウール100%の!
N-100というウール100%の商品です。こちらの建築会社さまは

「石油資源を使用しないエコの意識とウール100%のイメージ戦略で
他社との更なる差別化を!」という形でN-100を標準仕様でご利用
頂いております。
ウール100%のN-100は、V-100R等で30%混入されているポリエステル
の復元力やバインダー(繊維同士の接着)の役割を補うため、とても苦労した製法
と自然素材の代用材で作られているんです!
【くわしくは担当営業マンに聞いてくださいな】
でも、枯渇する石油資源のことを考えると、このN-100を使用していくほうが
形としては自然なのかもしれませんね。
ぜひ、一度試してみてみてください!
以上、納品続きでヘトヘトな すたっふ I でした。

 

2009-10-16 Permalink  │  Comments (0)  │  Trackback(0)

 

 

Jパネル・ブラックウォールナット    2009-10-13

 

T・M設計さん設計の鶴来の家です。T・MさんはJパネル・無垢フローリングを、大量に使う設計士さんです。 今回はブラックウォールナットをメインに、施工してもらいました。 何ともいえない艶で、重厚間あふれた、リビングに仕上がりました。次回は、Jパネルを、掲載したいと思います。     無垢のT
e794bbe5838f-043

 
 

 
 

 

2009-10-13 Permalink  │  Comments (0)  │  Trackback(0)

 

 

一般の方    2009-10-10

 

本日一般の方より「流気の家」を見学したいと連絡があり
ムラモトが考える家づくりの考え方を説明させて頂きました。
 
断熱材に付いても熱心に勉強しておられ、実際の施工現場
をじっくりみて頂きウールブレスの素晴らしさを再確認してい
ただきました。また、住宅を建てるにあたり構造材の選択も
重要なファクターである事も話させていただきました。
 
「流気の家」はいつでも見学できます、皆様も実際の建物を
見て・感じてから住宅を建てる事をお勧めいたします。
 
by.磐音

 

2009-10-10 Permalink  │  Comments (0)  │  Trackback(0)

 

 

 

 

 


ページ先頭へ