お客様の大事な住宅です、見た目をきれいに仕上げて下さい。
可能な限りウールボード・ウールブレスとその室内側にある部材(壁面の場合石膏ボードなど)との間に空間が出来ない様にしてください、その空間に冷たい空気が入ると断熱性能が落ちます。
ステープラー(ハンドタッカー)などでとめる数を最小限にするのがポイントです。
枠材と各商品の間や各商品どうしの間に隙間が出来ない様にして下さい。
枠材の間隔と各商品の幅を考慮して設計して下さい。




 

 

 

ページ先頭へ